マイホーム購入計画 > 新築住宅と中古住宅

新築住宅と中古住宅

マイホームと一概に言っても、いろいろな形があります。

新築一戸建てやマンション、中古の一戸建てやマンションもあります。

その中でも、中古一戸建ての購入は建物の築年数はもちろん、土地やリフォームにも目を向けていかなければなりません。

では、中古一戸建てを購入するには、どのような計画を立てていけばよいのでしょうか。

まずは、安値で上質の家を探すことです。

中古物件は、築年数が20年を超えていると、建物の価格はゼロに近いのです。

当然、このような物件は安くなるので、「建物自体を購入する」というより、「土地を購入する」と考えた方が良いでしょう。

中古と言っても、前に住居していた人が、綺麗に住宅を使用していれば、家の良さや雰囲気が出ますし、エアコンなどの設備や庭園の樹木等、価格以外でのメリットもある場合もあります。

いい物件が見つかり、すぐに入居することができるのも中古住宅のメリットと言えます。

中古物件を選ぶ際には、新築住宅では計算しなくて良い、リフォームをどれだけしなくてはいけないのか。

どの部分のリフォームが必要なのかを、目で見て手で触って確かめることが必要となってきます。

中古住宅と言っても、リフォームをすることで、新築住宅同様の住まいになります。

中古物件は、内装が汚れていたり、衰えていたりするのは当たり前です。

ですが、構造部分や柱などがしっかりしていれば、見える部分だけをリフォームすることで、新築住宅同様に戻すこともできます。
中古住宅は安値で購入することができますが、リフォームなどの維持費やローンを前もって計画することが大切です。