マイホーム購入計画 > マイホームと資金計画

マイホームと資金計画

マイホーム購入に向け、計画するのに一番の壁は、資金面だと思います。
資金と言ってもなかなか毎月の生活の中で貯蓄していくのは難しいでしょう。
しかし、資金がないけれど、マイホームが欲しい。「毎月の家賃をローン返済にあてれば済むことだ。」など、安易な考えでなんの計画もなくローンを組むと痛い目を見ます。

ローン事故の多くは、多額の返済不能が一番多いのです。
住宅ローンは、家電や自動車などのローンと違い、20年、30年と長期にわたり返済があります。
ですから、毎月のローン返済額が、家族の収入に見合っていない場合、生活が苦しくなります。
そして、ローンの支払いを延滞するようになり、いずれ返済ができなくなってしまいます。
このように、ローン事故のないようにするには、借入額と返済額のバランスが重要ポイントとなってきます。

まず、自己資金額がどの位あるのかを確認します。自己資金と言っても購入価格の20%は必要となります。
なぜなら、公的融資を受ける際、借入額は、原則として購入額の80%以内となっているからです。
20%自己資金を貯蓄できたからと言って、マイホーム購入には諸費用や手数料、家具などのマイホーム購入後に出て行くお金もあります。
ですから、購入価格の30%位は自己資金を確保しておくと良いでしょう。

最近では、頭金ゼロで購入できる家も増えてきています。
ですが、マイホーム購入は一生に一度の大きな買い物です。
十分計画をし、周りに流されず、自分たちの「買い時」を見つけるのが一番です。