マイホーム購入計画 > マイホームの間取り

マイホームの間取り

マイホームとは、家族のライフスタイルによって生活しやすいかどうかが決まってきます。
より住みやすいマイホームにするためには、自分たちに合ったベストな間取りを決めていくことが重要です。
マイホームでは、食事や家事、睡眠などのさまざまな生活行為が行われます。
その生活パターンは人それぞれ異なるので、自分たちの生活行為が快適でスムーズに行えるよう、間取りを話し合っていきましょう。

間取り計画のポイントとして、あげられる中の一つが、LDKです。LDKとは、リビング・ダイニング・キッチンの略です。
3つが同じ空間にあることで、開放感があり、家事や料理をしながら、リビングやダイニングの様子が見えるので、とても温かい雰囲気になります。
LDタイプの家もあります。キッチンが独立していることで、キッチンの汚れ・臭いなどが気にならないことや、来客の際、気を使わずに調理できるメリットもあります。

次に、水まわりです。キッチンやトイレ・浴室などの水まわりスペースは、1ヶ所にまとめることで、コストが安くなります。
2階や3階にトイレを設置する際にも、1階と同じ位置にトイレを設置することで、騒音などが気にならないです。

最後に、階段と廊下です。階段・廊下の移動スペースを少なくすることで、他のスペースが広くとれます。
部屋の広さを十分確保したいときには、リビングを通して他の部屋に行き来できるようにするなど工夫してみるとよいでしょう。

間取りを決める際には、家具のスペースもとっておくことが重要です。実際、家具を置いてみると落ち着ける部屋がない。などのトラブルがないよう気をつけましょう。