マイホーム購入計画 > 建売住宅のチェックポイント

建売住宅のチェックポイント

建売住宅を購入の際には、知識をもって見学しに行かないといけません。

建売住宅の場合、ほとんど建物は完成しているので、自分たちの目で構造体そのものを見ることができません。

耐久性や、耐震性を見たいからと、建築士や専門家に依頼しても同じです。

ちゃんと施行されているかを外観から判断することは事実上不可能なのです。

ですが、1点だけ簡単に建売住宅でもチェックできる方法があります。

どこをチェックするかというと、床下です。床下の点検口から床下を覗いてみるのです。

そして、ゴミひとつなく掃除されていたら、その住宅はキッチリと試行されていると思っていいでしょう。

反対に、床下に砂や木くずなどが散乱していたら要注意です。

なおかつ、コンクリートにひび割れがあったり、汚い部分があったりしたら、いい加減な施行がされていると思ってください。

また、天井裏もチェックポイントの一つです。

天井裏を見て、断熱材がきちんと敷かれているか?放り投げられたりしていたら、これもいい加減な施行をされていると言っていいでしょう。

なぜこの部分がチェックポイントなのか。

それは、工事中の床下の掃除や、断熱材を敷く作業は大工さんがやっているのです。

この部分をチェックすることで、建築を担当した大工さんが、与えられた仕事をキッチリこなせる人なのかどうか、その人の仕事に対する姿勢があらわれるのです。

このチェックポイントだけでは、いい家か悪い家かは判断できかねますが、他に構造体がわかる方法はありません。

建売住宅を見学の際は、このチェックポイントを参考にするといい家探しができるでしょう。