マイホーム購入計画 > マイホームのトラブル回避

マイホームのトラブル回避

マイホーム購入には営業マンが必ずつきます。営業マンと簡単に言っても、マイホーム購入時からマイホーム購入後のアフターサービスまで、長期にわたって付き合っていくのです。
自分たちの信頼性がある会社、信頼できる営業マンを見つけ、意見など、なんでも聞ける関係になれるとマイホーム造りに役立つでしょう。

マイホームは自分色の家にできることが一番のメリットです。
その中でも、間取りは自分たちのライフスタイルによって変えることができます。間取りは、その家族によって、使い方や、使いやすさが異なります。
もちろん予算や、建物の大きさ・地形などによって条件も違ってきます。その中で、自由に間取りを決めていかなければなりません。
これはとても大変でしっかりとした計画が必要な作業です。実際には、多くの部分で妥協していかなければ、間取りは決まっていきません。

ここで重要になるのが、家族の要望を整理し、優先順位をつけておくことです。その上で、設計担当者との打ち合わせをしていきましょう。
自分たちのライフスタイルや要望が明確になっていないと、設計担当者との話も進んでいきませんし、自分たちの思っている家はできません。

また、間取りの打ち合わせ途中に、2階にトイレを設置したい。水回りをふやしたい。などの要望や変更も出てくる場合があります。
この場合、業者の中には、追加工事費が明確になっている業者もありますが、ほとんどの業者が価格提示されていません。
必ずその都度見積もりを出してもらうことが大切です。
そして、どんな小さな追加事項でも、見積書として価格を明確にし、すべて図面に反映させて、契約書に添付するのが一番トラブルのないやり方と言えるでしょう。